美白肌になりたい

アクセスカウンタ

zoom RSS 日焼けしてしまう仕組みは

<<   作成日時 : 2012/09/04 15:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

美白にとって予防しなければならないのが、「日焼け」ですよね。
ではなぜ日焼けが起きてしまうんでしょうか。
日焼けが起きる仕組みを調べてみました。
まず紫外線とは太陽から届いている光線のことです。
この紫外線がお肌の中にあるメラニンの働きを活発にします。
メラニンが増えるとお肌の水分のなくなってしまい、乾燥やシワの原因になってしまいます。
さらにお肌のターンオーバーに必要いな細胞が壊れてしまい、ターンオーバーが正常に行われなくなります。
その為、古い角質が肌の表面にいつまでも残ってしまうことに。
そして色素が沈着して肌が黒くなってしまいます。
紫外線は、美白だけでなく肌の水分を奪いシミやしわ、乾燥など美肌にとっても悪影響です。
曇りだからと言っても、暑くない日でも紫外線を浴びているんです。
室内でも窓際はガラスを通して紫外線が届きます。
その為、1年を通して気温や天気を問わず紫外線対策をする必要があります。
いつまでも美しい白い肌をキープする為にも日焼け止めは毎日塗った方がいいようです。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日焼けしてしまう仕組みは 美白肌になりたい/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる